看護師

診察を受ける

男性

胃がんは胃の粘膜に癌細胞による腫瘍が出来る病気です。がんにはかならず初期症状があります。胃がんの特徴的な症状が慢性的な胃の不快感です。胃の不快感が直らないのであれば早めに診察を受けましょう。ピロリ菌が居ると発症率がとても高くなるため、医療機関で除菌してもらうのも予防には有効です。

もっと読む

胆管にできるがん

カウンセリング

胆管がんは、肝臓から十二指腸にある胆管にできるがんです。肝臓に近いため転移する可能性が高いがんです。黄疸などの症状がありますが、日本人はもともと肌が黄色いので気づきにくい症状です。人間ドックなどの定期的な検査が早期発見には有効です。

もっと読む

定期的に検査

医者

何度も再発する

癌は日本人の死因の中でもトップになっているもので、多くの人を悩ませています。生活習慣に関わっているものが多く、ストレスやタバコといったものが原因で発生することが多い病気です。癌という病気の注意点としては転移をするということです。普通の病気は病気になった部分のみで済むことが多いのですが、癌の原因となる細胞は血液やリンパの流れに乗って体のあちこちに移動をしていきます。そのため、病気の中心となっている部分を治療したとしても他の部分でがん細胞が大きくなって病気を広げていくことになります。このような転移をするということがこの病気を治すことを難しくしています。癌になってしまったら転移するかもしれないという考えが大切です。癌になってしまった時には、化学療法や放射線療法、手術療法を行なうのが一般的ですが、それと同時に転移を確認するための検査もしっかりとしましょう。

周辺から遠隔も

癌の転移の特徴は、発見が遅くなればなるほど周囲への転移が見られることが多いというのが特徴です。このため、癌をできるだけ早い段階で発見をして、治療をしてしまうということが大切になってきます。早期発見をすればするほど、5年の生存率は高くなります。しかし、癌の種類によっては初期の段階から周囲への転移をしていくようなタイプのものもあるために精密な検査をしないとはっきりとしたことが言えないことが多いです。また、癌の強いところとして周辺の臓器に転移をしていく以外にも遠隔転移をするケースがあります。こうしたケースの時には主病巣を治してから数年後に現れるケースもあるので定期的な検診をしていくことが大切になります。

高齢化社会の医療福祉

病院

世田谷区では、患者・家族と医療・福祉事業者の連携を強化しています。「在宅医療電話相談センター」や「医療と介護の連携シート」の作成するなど、スムーズな運営ができる仕組み作りを推進しています。このような取り組みから、ストレスのない在宅医療を提供しています。

もっと読む